MENU


バリアフリーを考えたリフォーム

介護をする側・される側の両方が暮らしやすいバリアフリー住宅を。

高齢の方、障害をお持ちの方に優しい家づくりを!

高齢化社会が進む近年、高齢者の方に優しい家づくりをしましょう。

石井工務では、介護を必要とする側とされる側の両方が、
住み心地の良いと感じる家づくりこそ、本当の介護住宅と考えています。

福祉住環境コーディネーター資格もございますので、
高齢者や障害者に配慮した住まいの提案から、
それらに限らず誰もが使いやすい暮らしやすいプランを
ご提案できるようにしています。

ポイントを押さえるだけのバリアフリー

「バリアフリー住宅」というと、家全体を工事する大規模リフォームだけと思っていませんか?
手摺を付ける、段差を埋めるなどちょっとしたポイントを押さえるだけでもぐっと住みよい「バリアフリー住宅」が可能です!

手摺・スロープ

介護を必要とする方にとっては、玄関前の階段なども転倒などでケガをする危険な場所となります。
そんな転倒を防止するためにも手すりを取り付けるお勧めします。
また、玄関前の階段をスロープにする事で、車椅子の方でも安心して玄関にたどり着けます。

スロープ 玄関ポーチ 上がりかまち用手すり 室内手すり
スロープ
玄関やちょっとした段差に便利なスロープ。常設用・臨時用どちらにも便利です。
玄関ポーチ
手すり玄関ポーチの手すりも、横移動の連続手すりを取付けると安心です。特に玄関ドアの開閉に伴う身体保持には縦型手すりが有効です。
上がりかまち用手すり
玄関では靴を履くためにかがんだり、立ち上がったり、様々な動作が必要になります。上がり框の脇に手すりがあると昇り降りが安全です。
室内手すり
廊下や階段など室内の手すりには、連続手すりが必要です。幅員が充分でない場合は片側だけに設置できます。

引き戸

開き戸(ドア)のように開閉のためのスペースがいらない『引き戸』。
必要に応じて開放したままの状態にでき、また、開閉する際に体の動きが少なくてすむため、車椅子の方や足腰の弱い方の生活にもおすすめします。

引戸クローザー 引戸クローザー
取付けが簡単な住宅用引戸クローザーです。取付け後も目立たずスッキリとしています。
軽く開けられ、閉まるときは自動で閉まります。
エコ引き戸 エコ引き戸
ドア本体をそのまま利用して引き戸に改造できる、廃棄物がほとんど出ない環境配慮型商品です。その場で短時間に引き戸へ改造できる簡単リフォーム。

トイレ

高齢になると、トイレに行く回数も増えてきます。
一日に何度も使うところなので、トイレは使いやすく清潔、快適なスペースにしたいものです。
トイレが快護住宅づくりの主役といっても過言ではありません。

トイレ手摺 トイレ手摺
トイレの狭い空間では向きを変えたり、立ち上がったり、座ったりする動作が大変。
手摺を付けることで動作を楽にし、トイレを便利に使用できます。

お風呂

入浴は体を清潔にし、心と身体をリラックスさせるために大切なものですが、転倒や溺れるなどの事故も発生しやすい場所でもあります。
安全に出入りでき、介助もしやすい環境を整えることが大切です。

浴室フロアのすべり止め 浴室フロアのすべり止め
フロアのすべり対策をすることで、お子様やお年寄りにも安心。安定した姿勢を保つのに役立ちます。
バスボード バスボード
浴槽の上に置き、腰かけながら浴槽へ出入りする動作を補助できるバスボード。
介助の保護に役立ちます。

玄関

玄関は生活の範囲を広げるための重要な空間です。
家に閉じこもっていては運動不足になり、社会と接する機会も少なくなります。
安全に、気軽に外出するために、玄関まわりの整備や工夫が必要です。

壁付き折たたみ椅子 壁付き折たたみ椅子
スペースを生かす最適な椅子。
座面がどこでも止まり、うっかり手を離しても急に座面が倒れることが無く安心・安全です。
点手すり 点手すり
「ちょっと手を添える」のに便利な手すりです。
高齢者の方だけでなくご家族みんなでお使い頂けます。
介助の保護に役立ちます。
Webからのお問合わせはコチラ
石井工務の リフォーム 
ペットと暮らすためのリフォーム 
ページのTOPへ